「ChatGPT」のiOS版アプリが登場、まず米国で

Lance Whitney (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年05月19日 07時53分

 公式モバイルアプリを待ち望んでいた「ChatGPT」ユーザーは、ついにそれを手に入れることができる。OpenAIは米国時間5月18日、高い人気を集める同社のAIチャットボット「ChatGPT」の「iOS」アプリをリリースした。このアプリはウェブサイトと同じ機能を提供し、質問や要求を入力すると、AIが生成した情報を返す。

ChatGPTアプリの画面
提供:screenshot by Lance Whitney/ZDNET

 同アプリは、OpenAIのオープンソースの音声認識システム「Whisper」を使用して、質問をキーボードで入力する代わりに音声で入力できるようになっている。また、チャット履歴をデバイス間で同期するため、ユーザーは前回の会話の続きからチャットを再開できる。有料版の「ChatGPT Plus」に加入すれば、新機能を一足早く利用したり、「GPT-4」の高度な機能を利用したりもできる。

 OpenAIは同アプリについて、広告が混ざることなく的確な情報を提供する瞬時の回答、特定の関心や趣味に合わせたアドバイス、コンテンツを生成するための創造的なインスピレーション、アイデアや技術的課題を支援する専門的な意見、新しい言語や歴史などの学習機会などを提供するとしている。

 同社は新しいアプリの提供をまず米国で開始し、今後数週間のうちに他の国に拡大していくという。「Android」版も近く提供すると予告している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]