「ファミペイ」がApple Pay対応--iPhoneをタッチで支払い可能に

 ファミリーマートは5月11日、ファミマデジタルワンがスマホアプリ「ファミペイ」で発行する「ファミペイ バーチャルカード(JCBプリペイドカード)」がApple Payに対応したと発表した。

キャプション

 ファミペイ バーチャルカードは、年会費・発行手数料が無料、審査もないJCBブランドのプリペイドカード。

 今回Apple Payに対応したことで、これまでの対応店舗だけでなく「QUICPay+」や「JCBのタッチ決済」加盟店での利用が可能となる。

 加えて、コンビニエンスストア「ファミリーマート」では、「ファミペイ」アプリを起動することなく、「iPhone」や「Apple Watch」をレジ端末にかざすだけで支払いが行える。

キャプション

 欲しい商品を見つけたが使えるクレジットカードがないといった場合でも、その場で「ファミペイ」から「ファミペイ バーチャルカード」を発行して、Apple Payに設定すると、ファミペイ残高で買物が可能になる。

 また、Apple Payに設定したJCBカードでのチャージにも対応した。

 設定できるのは、JCBブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード。ファミペイ バーチャルカードおよび、海外発行のカードは登録不可。

キャプション

 ファミペイは、スマホ決済(ファミペイ払い)に対応したスマホアプリ。支払金額が税込200円ごとにファミペイボーナス1円相当がたまるのが特徴。さらに、dポイントカード、楽天ポイントカード、Tカードとのポイントカード連携に対応しており、設定したポイントサービスに対し、税込200円ごとに1ポイントがためられる。

 このほか、クーポンやスタンプ&ゲーム、電子レシート、回数券などの機能を搭載している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]