Dropboxが16%、500人の人員削減--成長鈍化や景気低迷、AI時代への対応で

 クラウドストレージサービス「Dropbox」を運営するDropboxは、人員削減計画を発表した。削減対象は、世界各地で勤務する従業員の約16%、人数にして500人。

 Dropboxの事業は安定して収益を上げているものの、成長が鈍化したという。特に最近は、既存事業の成長が限界に達しているうえ、景気低迷が顧客とDropbox自体の逆風だとした。

 さらに、急速に進歩したAIの登場で、ついにAIの時代が到来した影響もある。AIがもたらすチャンスは大きく、それを逃さずつかむ必要がある。従来は市場の変化に人員の配置換えで対処してきたが、AI時代の成長に要求されるスキルセットは異なっているため対応しきれないそうだ。

 削減対象となる従業員に対しては、16週間分の給与支払いや転職相談などの支援策を提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]