約1300万円の空飛ぶ車「Jetson ONE」に数百件の予約--1年以内の飛行開始目指す

Jesse Orrall (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年04月24日 11時51分

 ゴルフコースや砂漠、木々の上空を飛ぶ「Jetson ONE」の動画をいくつか見た後、筆者らは南カリフォルニアで初めてこの空飛ぶ車を直接目にした。Jetson ONEは、一見するとドローンとF1カーを掛け合わせたような形をしている。

Jetson ONEの正面
Jetson One
提供:Jesse Orrall/CNET

 コックピットには2本の操縦かんがあり、1本は機体を上下させ、もう1本は前後左右への移動とヨーイング(上下軸を中心とした回転)を制御する。フライトコンピューターが手伝ってくれるので誰でも「数分」で操縦できるようになると、開発元Jetson ABの共同創業者でイノベーション責任者のTomasz Patan氏は言う。

Jetson ONEの内部
提供:Jesse Orrall/CNET

 完全電動車で、バッテリーはカーボンファイバーとケブラー素材でできた操縦席のバケットシートの下に収められている。十分な数のモーターが搭載されており、どれかが故障しても飛び続けられる。上部のGPSと下部のLiDARで自動着陸機能を制御し、Patan氏によると、後部の弾道パラシュートを使えば「最悪の場合、20mの高さからでも無事に着陸できる」という。

 4本のアームに8対のプロペラが取り付けられており、折りたたむことで簡単に格納や運搬ができる。

Jetson One
提供:Jetson

 Jetson ONEは9万8000ドル(約1300万円)で購入でき、8000ドル(約107万円)のデポジットが必要だ。まだテスト段階だが、シニアアドバイザーのRikard Steiber氏によると、「数百件の予約注文」が入っているといい、1年以内に米国上空を飛行できるようにしたいとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]