ソニー、冷温自動切り替えもできる「REON POCKET 4」--温湿度検知する「REON POCKET TAG」登場

 ソニーグループは4月20日、首元に装着して体表面を直接冷やしたり温めたりできる「REON POCKET(レオンポケット)」シリーズに、従来比最大約2倍の駆動時間と最大約1.2倍の吸熱性能を実現した「REON POCKET 4 RNPK-4」を発表した。発売は4月20日。想定税込価格は1万6500円前後になる。あわせて周辺の温度や湿度を検知するウェアラブルセンシングデバイス「REON POCKET TAG(レオンポケットタグ)」(同:3850円前後)も発売する。

ウェアラブルサーモデバイスキット「REON POCKET 4」(左)とウェアラブルセンシングデバイス「REON POCKET TAG」(右)
ウェアラブルサーモデバイスキット「REON POCKET 4」(左)とウェアラブルセンシングデバイス「REON POCKET TAG」(右)

 REON POCKET 4は、REON POCKET TAGと合わせて使うことで、冷温を自動で切り替えられる新機能「SMART COOL⇔WARM MODE」を搭載。冷却と温熱を開始する温度を事前に設定しておけば、REON POCKET TAGの周辺が設定した温度になると、冷温の切り替えや停止を自動で行う。

 同梱の専用ネックバンドは、首元に合わせて調整しやすいワイヤーフレームと、自由な形状を保持できるメカニカルフレキシブルチューブに、シリコンラバーを被せる3層構造を採用。フィット感とずれにくさを両立する。REON POCKET TAGは、温湿度、照度、近接、加速度など各種センサーを備え、独自の温度予測アルゴリズムにより、端末周辺温度の変化を素早く把握できるとしている。

 本体サイズは高さ117mm×幅55mm×奥行き23mmで、約109g。専用ネックバンドとREON POCKET TAGを同梱した「RNPK-4T」(同:1万8700円前後)も発売する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]