QRコードで自動改札機を通過する乗車サービスの実証実験--丸ノ内線で、東京メトロ初

 東京地下鉄(東京メトロ)は4月10日、丸ノ内線において、QRコードを利用した乗車サービスの実証実験を実施すると発表した。4月25日から6月25日まで実施する。

キャプション

 同実験では、丸ノ内線のデジタル1日乗車券と、NearMeが展開するタクシー利用サービス、リアルワールドゲームスが展開するスポット巡りイベント、via-atが展開するワークスペース利用サービスをそれぞれ組み合わせ、QRコード乗車券として発売。乗車券と沿線サービスとの利便性を検証する。

キャプション

 また、デジタル1日券の認証および、自動改札機の連動に関する検証として、実験期間中、丸ノ内線新宿駅、四谷三丁目駅、淡路町駅、御茶ノ水駅、池袋駅(中央通路東改札のみ)の自動改札機に読み取り用タブレットを設置する。

 購入したデジタル1日券をかざすことで、交通系ICを所有していなくてもQRコードを利用したスムーズな乗車が可能となり、タクシーによる羽田空港との送迎や新しい周遊体験、ワークスペースなどの提携サービスを丸ノ内線沿線で利用できるようになる。

 なお、タブレットの設置は東芝インフラシステムズと連携。また、タブレットを設置していない駅においては、駅係員がデジタル1日券のQRコードを確認の上、案内するという。

キャプション

 東京メトロによると、QRコードを用いて自動改札機を通過する乗車サービスの実証実験は、同社初の取り組みになるという。今後も、多様なステークホルダーと連携し、デジタル技術などを活用した新たなサービスの開発、検討を促進していくとしている。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]