ドコモで個人情報流出の可能性--氏名、電話番号など最大約529万件

 NTTドコモは3月31日、個人向けインターネット接続サービス(ISP)「ぷらら」「ひかりTV」などの利用者の個人情報が流出した可能性があると発表した。最大約529万件にのぼる可能性がある。

キャプション

 ぷららやひかりTVに関する業務を委託する企業において、業務用PCから顧客情報が流出した可能性があることを、ネットワーク監視によって確認。流出した可能性がある情報は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、フレッツ回線ID、お客さま番号となっている。クレジットカード情報、金融機関口座情報などの決済関連情報は含まないとしている。

 事象確認後、流出元と想定されるPCをネットワークから隔離し、現在も調査を継続。発表時点で、情報の不正利用は確認できていないという。

 今回の件に関しての問い合わせは、「ドコモ特設ダイヤル」(電話番号:0120-100-511、受付時間:9時00分~22時00分、メールアドレス:support@hikaritv.net)で受け付ける。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]