グーグルら、サステナビリティを推進する日本のスタートアップ10社--世界中の社会課題解決を

プログラムには、アスエネ、EF Polymer、イノカ、エレファンテック、Gaia Vision、Sunda Technology Global、天地人、TOWING、LEBO ROBOTICS、ユナイテッドシルクの計10社が採択された。
Scroll Right Scroll Left

プログラムには、アスエネ、EF Polymer、イノカ、エレファンテック、Gaia Vision、Sunda Technology Global、天地人、TOWING、LEBO ROBOTICS、ユナイテッドシルクの計10社が採択された。

 グーグルは3月22日、サステナビリティを推進する日本のスタートアップが世界中の社会課題解決を目指すプログラム「Global Sustainability Accelerator powered by Creww | Google for Startups」に参加するスタートアップを発表した。

 クライメートテック(気候テック)領域のアスエネをはじめとする10社が第1期生として採択され、6カ月のプログラムに参加する。日本のスタートアップのテクノロジーやサービスを活用し、国や地域でのイノベーションを創出し、世界中の社会課題の解決を目指す。

キャプション

 Global Sustainability Acceleratorは、持続可能で豊かな社会の実現と、スタートアップの事業成長の支援を目的とするプログラム。スタートアップや起業家を支援するためグーグルが2011年に立ち上げたプロジェクト「Google for Startups」と、約6500のスタートアップが登録するオープンイノベーションプラットフォームを運営するCreww(クルー)が主催を務める。

 プログラムの開始を2月9日に発表し、(1)電力、(2)水資源・水供給、(3)食料保全、(4)その他、の4つを募集テーマとし、同日から2月28日までエントリーを受け付けていた。

概要を説明するCreww 代表取締役 CEO 伊地知天氏
概要を説明するCreww 代表取締役 CEO 伊地知天氏
募集テーマ
募集テーマ
プログラムの運営体制
プログラムの運営体制

 Creww 代表取締役 CEOを務める伊地知天(いじち・そらと)氏は、「簡潔に述べると、日本のサステナビリティー関連のスタートアップの技術やサービスを海外の企業や政府に導入することで、スタートアップの成長の劇的な加速と、その国や地域の課題解決にコミットするプログラム」と説明。4月に予定するオンラインロードショーや8月末に予定するデモデイに向け、採択企業に対してトレーニングやメンタリングなどを実施していく。

プログラムのスケジュール
プログラムのスケジュール

サステナビリティを推進する日本のスタートアップ10社

 プログラムにはアスエネと、EF Polymer、イノカ、エレファンテック、Gaia Vision、Sunda Technology Global、天地人、TOWING、LEBO ROBOTICS、ユナイテッドシルクの計10社が参加する。

 環境省 環境副大臣 衆議院議員の山田美樹氏は、「私たちは、気候変動、生物多様性の損失、環境汚染といったサステナビリティを取り巻く3つの危機に見舞われている。また昨今、世界ではESG投資が拡大をし続けており、日本でも2016年から2020年の4年間で約6倍に拡大した。GoogleやCrewwと連携し、世界各国の社会課題の解決につながるグローバルなビジネスに発展させてほしい」と祝辞を述べた。

環境省 環境副大臣(衆議院議員) 山田美樹氏
環境省 環境副大臣(衆議院議員) 山田美樹氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]