スマホ決済「JAL Pay」始動--コンビニや空港店舗、機内販売などで利用可能

 日本航空は3月15日、スマートフォン決済サービス「JAL Pay」を3月22日に開始すると発表した。第1弾として「JAL Global WALLET」アプリにQRコードとバーコード決済機能を追加し、チャージから決済までスマートフォン1台で完結できるようになる。

 JAL Payは、約3000万人の顧客基盤を活用した非航空事業領域の拡大を目指す「JALマイルライフ構想」の一環となる。

 3月22日以降、空港店舗「BLUE SKY」や「JALプラザ TABITUS+ STATION」、およびコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーマーケットなどのSmart Code対応店舗で利用できる。さらに、3月30日からはJAL機内販売でも利用可能となる。

 チャージ方法については、マイルチャージ、銀行振り込みのほか、JAL NEOBANK、住信SBIネット銀行口座振替からの入金にも対応する。

 今後については、2023年度中にバーチャルカード発行によるカードレス化、タッチ決済などへの対応や、チャージ方法の追加を予定しており、準備が整い次第、速やかに案内するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]