2023年の世界AI支出、26.9%増の21兆円超--2026年には41兆円近くに

 IDCは、世界AI市場に関する調査結果を発表した。2023年のAI関連ソフトウェア、サービス、ハードウェアに対する支出額は、前年比26.9%増の1540億ドル(約21兆364億円)に達すると見込む。

 今後もAIの導入は進み、多彩な製品やサービスで利用されるようになるという。その結果、2026年の支出額は3000億ドル(約40兆9860億円)を上回ると予測。2022年から2026年にかけての年平均成長率(CAGR)は27.0%になるとした。

 2023年に対AI支出の多い分野は、IT最適化、強化型脅威インテリジェンス&防止システム、詐欺分析&調査だ。また、販売と顧客サービスに関しては、顧客サービスエージェントや販売プロセスレコメンデーションといった分野に対する支出が多い。

 業種別では、銀行と小売が2026年までAI支出の多い状態が続く。そのほかの業種は、プロフェッショナルサービス、組立製造、プロセス生産のAI支出が多い。これら5業種で、2023年の対AI支出の5割超を占める。また、メディア業界はCAGRが30.2%というペースでAI支出を急速に増やしていく。

2023年における業種別のAI支出(出典:IDC)
2023年における業種別のAI支出(出典:IDC)

 地域別にみると、米国が全体の50%超という状態を保つ。これに続くのが20%超の西欧で、CAGRは30.0%ともっとも高い。支出額が3番目に多いのは中国だが、CAGRは20.6%と高くない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]