「dアカウント」のパスキー認証対応は3月下旬から--アプリ不要、ブラウザで認証

 NTTドコモは「dアカウント」のログインにおけるウェブ認証とパスキーによる新たな認証手段を、「パスキー認証」という名称で3月下旬から提供を開始すると発表した。

 パスキー認証の提供に伴い、認証機能の名称を「パスワードレス認証」からパスキー認証へ変更する。また、常にパスワードレス認証を行うための設定機能の名称を「パスワードレス設定」から「いつもパスキー設定」へと変更する。

キャプション

 現在、dアカウントのログインにおいて、生体認証などの「パスワードレス認証」を使用する場合、「dアカウント設定アプリ」を起動して認証を行う必要がある。

 提供を予定するウェブ認証では、事前に「パスキー端末設定」を行うことで、dアカウント設定アプリのインストールや起動することなく、利用するサービスのブラウザでパスワードレス認証が利用できる。

キャプション

 例えば、ドコモオンラインショップやドコモオンライン手続きなど、dアカウントを使用する各種サービスにおいて、ログイン時に「パスワードレス認証」を使用する場合、dアカウント設定アプリに遷移することなく、ブラウザのみで認証が可能になる。

 また、パスキーによる新たな認証手段を開始することで、セキュアなクラウドを介してデバイスと同期し、dアカウントのログインでパスワードレス認証が利用でき、機種変更時にパスワードレス認証の再設定が不要になるという。

 なお、パスキー端末設定の対象OSは、最新バージョンから順次拡大する。詳細は、「dアカウントポータルサイト」で発表するとしている。

 パスキー認証は、FIDOアライアンスとW3Cが推進する最新の国際標準技術ウェブ認証(Web Authentication)とパスキー(Passkeys)による新たな認証手段。ドコモは2022年10月17日、2023年2月に提供を開始する予定と発表していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]