ゲーム「Dead by Daylight」が映画化へ--Atomic MonsterとBlumhouseとのタッグで制作

 カナダのゲーム会社であるBehaviour Interactiveは3月3日、同社が展開している非対称対戦型マルチプレイヤーホラーゲーム「Dead by Daylight」(デッド・バイ・デイライト)について、映画化を発表した。

 「Dead by Daylight」は、4対1の非対称型でオンライン対戦を行うマルチプレイヤーホラーゲーム。“サバイバルなかくれんぼ”をコンセプトに、ゲームの舞台である「殺戮場」にて、キラーと呼ばれる殺人鬼1人と、殺人鬼からの逃亡を試みるサバイバー (生存者)4人に分かれてプレイできる、ダークファンタジーの世界観で楽しめるタイトルとなっている。

 映画化については、Atomic MonsterとBlumhouseとのタッグにより制作。Atomic Monsterはジェームズ・ワンが設立した製作会社であり、2015年の「アナベル 死霊館の人形」をはじめとするアナベルシリーズのほか、「モータルコンバット」(2021年)などを手掛けている。Blumhouseは「ハロウィン」「パラノーマル・アクティビティ」「パージ」などといったホラー作品を制作。Behaviour Interactiveも含めた3社は、監督と脚本家の選出を始めているとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]