イーロン・マスク氏、「ChatGPT」対抗のAI開発で研究者らに接触か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2023年03月01日 10時21分

 Elon Musk氏はここ数週間、人工知能(AI)の研究者らに接触し、大きな注目を集めているOpenAIのAIチャットボット「ChatGPT」に代わる技術の開発について打診したという。The Informationが米国時間2月27日、この件を直接知る複数の関係筋の話として報じた。

Elon Musk氏
提供:Getty Images

 Musk氏は、Alphabet傘下のAI開発企業DeepMindでAIの研究に従事していたIgor Babuschkin氏に、研究所の設立を打診したとされる。

 Musk氏は2015年、新興企業インキュベーターY Combinatorのプレジデントを務めていたSam Altman氏と共同で、AI開発の管理を目的にOpenAIを設立し、会長に就任したが、利益相反の懸念があるとして2018年に同職を退任した。Musk氏はその後、OpenAIに関わっていない。

 The Informationが報じた内容の背景には、AIの利用拡大競争が加速している現状がある。OpenAIのChatGPTやGoogleの「Bard」などの競合技術は、電子メールへの返信やレポートの要約をこなすほか、質問されるとより人間に近い会話調で回答するなど、一般ユーザーのオンライン利用を大きく変える可能性を秘めている。

 The Informationによると、Musk氏とBabuschkin氏はAI研究を進めるチームの結成について協議したが、プロジェクトはまだ初期段階にあり、具体的な製品開発の計画はないという。Babuschkin氏もThe Informationの取材に対し、そうしたプロジェクトに正式に加わった事実はないとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]