バンダイ、縦スクロールマンガ事業に参入--3年間で10億円投資

 バンダイは2月21日、バンダイナムコフィルムワークスと連携し、新規IP創出を目的として、2023年度から縦スクロールマンガ事業に参入すると発表した。新規事業への参入にともない、バンダイでは4月1日より新設部門として「縦スクロールマンガ編集部」を設立。2023年末以降に、電子コミックサービスにて作品を発売予定という。

 企画・制作においては、バンダイナムコフィルムワークスが出資しているマンガなどのコンテンツ制作会社であるエコーズと連携。創出したIPはアニメ化、フィギュア・雑貨などの商品化のほか、バンダイナムコグループが持つ幅広い出口を活用したワールドワイドでの展開に向け、IP価値の最大化を目指す。スピード感のある企画・制作・販売体制の実現を目的としてバンダイ社内に窓口を設置。エコーズを通じたクリエイターの採用や、外部のパートナー企業との連携・投資を進める。本事業参入に向けた投資額は、2023年4月から3年間で10億円を計画している。

 作品の販売に向けては、縦スクロールマンガの新レーベル「バンダナコミック」を立ち上げ、2023年夏以降に公式サイトを公開予定。また、制作ジャンルや作品は、バトルアクションやアドベンチャーなどのオリジナル作品を予定し、加えてバンダイナムコフィルムワークス(旧サンライズ)が保有するIPのリブート(原作をベースに、新たな視点で作り直したもの)作品も計画しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]