「Facebook」と「Instagram」で認証バッジを得られる有料サービスが導入へ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月20日 09時40分

 「Facebook」と「Instagram」で「Meta Verified」という有料認証サブスクリプションサービスの提供を開始すると、Metaの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏が米国時間2月19日に発表した。

Facebookのロゴを表示したスマホ
提供:Angela Lang/CNET

 競合するTwitterを踏襲したこのサービスでは、なりすましに対する保護が強化され、顧客サポートへ直接アクセスできるようになると、Zuckerberg氏はFacebookの投稿で述べた。このサービスの料金は、ウェブ経由で加入すると月額11.99ドル(約1600円)、「iOS」経由で加入すると月額14.99ドル(約2000円)。オーストラリアとニュージーランドで20日の週から提供を開始し、その他の国にも近いうちに提供する予定だという。

 Facebookは長い間、チェックマークの認証バッジを、著名で本物だと認定したアカウントに提供しているが、今回の新しいサービスでは、政府発行のIDで身元を証明できる有料ユーザーにもこのチェックマークを付与する。

 有名人、ジャーナリスト、政治家などの公人のアカウントが偽物でないことの証に使われ、羨望の的だった、Twitterの青い認証チェックマークについて、Elon Musk氏は2022年に同様の動きを発表している。チェックマークの収益化を図るFacebookの今回の動きは、これを踏襲するものだ。Musk氏は、このチェックマークを月額7.99ドル(日本では980円)の「Twitter Blue」の加入者に付与することにして、Twitterに新しい収益源をもたらしたが、有名ブランドになりすます偽アカウントが急増し、11月に同サービスの新規受付を一時的に停止する事態に追い込まれた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]