Twitter、有料版APIは月額100ドル--新たな無料版も提供へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年02月10日 11時45分

 Twitterは米国時間2月8日、APIへの無料のアクセス提供を13日まで延長すると発表した。その後は月額100ドル(約1万3000円)の「基本アクセス」プランと新たな無料プランを提供する。

Twitterのロゴ
提供:James Martin/CNET

 TwitterはAPIの無料版を9日に終了するとしていたが、この動きはTwitterのデータを利用しているユーザーから広く批判を浴びた。例えば、研究者らはTwitterのAPIを使って新型コロナウイルスやメンタルヘルスに関する感情を調査している。開発者らはボットと呼ばれる自動化されたアカウントを作成して、歌詞や猫の写真、天気予報などを定期的にツイートしている。

 新たな無料アクセスプランでは、「『Twitterでログイン』機能を含め、認証済みユーザートークン1つにつきツイート作成を月に1500件までに制限」するという。「Premium API」は13日から非推奨になるとして、「Enterprise」への移行を促している。

 この変更は、Twitterのボットに影響を与える可能性がある。57万9000人以上のフォロワーを持ち、1時間ごとにフクロネズミの写真をツイートしているTwitterアカウント「@PossumEveryHour」はこの件について、「対応によっては、このボットがしばらく機能しなくなるかもしれない」と投稿している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]