アセントロボティクス×ブリヂストンが資本業務提携--ゴム人工筋肉を活用した知能ロボティクスの開発へ

 アセントロボティクスは2月1日、新たなピースピッキングロボットシステムの実現に向け、ブリヂストンと資本業務提携を締結したと発表した。

キャプション

 同ピースピッキングロボットシステムでは、ブリヂストンの社内ベンチャー「ソフトロボティクス ベンチャーズ」が推進するゴム人工筋肉型ソフトロボットハンドを活用。

 同社のAIソリューションが可能とする多種多様な対象物を認識・判断する目と頭脳の機能を組み合わせ、需要の拡大が期待される物流倉庫や店舗内での新たな自動化ソリューションを開発する。

 これにより、従来ではロボットによる自動化が困難だった、日用品群のほか、形状・重量・温度・可塑性・荷姿などが大きく異なる生鮮食品、冷蔵・冷凍品など、広範なアイテム群にも対応する。両社では、人間のオペレーターに過度に依存している現在の物流現場における課題解決に向け、共同でチャレンジしていくという。

キャプション

 なお、アセントロボティクスは、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStationの生みの親(代表取締役社長・CEO)で知られる久夛良木健氏が代表取締役CEOを務める企業。世界規模で高まる流通、物流領域の更なる自動化に向けた、最先端のAI技術を活用する知能ロボットシステム開発に取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]