有料版「ChatGPT」、一部ユーザーに試験公開--応答が高速に

Sabrina Ortiz (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2023年01月25日 11時53分

 OpenAIは先頃、「ChatGPT Professional」という有料版ChatGPTを近く提供する可能性があることを、「Discord」サーバーで発表した。OpenAIが公開した順番待ちリストには、有料版で提供される見込みの機能が記載されている。

OpenAIのロゴとChatGPTのログイン画面
提供:Getty Images/NurPhoto

 OpenAIが「実験的」と説明している有料版は、「常に利用可能(ブラックアウトがない)」で、「ChatGPTからの迅速な応答(つまり、動作速度の抑制がない)」や「必要なだけ多くのメッセージ(通常版の1日当たりの上限の少なくとも2倍)」を提供するとされている。

 この順番待ちリストには、選ばれた人にOpenAIが個別に連絡し、決済と試用に向けた設定を案内することも記載されている。

 現在、OpenAIはアーリーアクセスユーザーを選んでおり、選ばれたユーザーらは分かったことを共有しているようだ。

 アーリーアクセスユーザーとなったZahid Khawajaさんは、有料版でテストプロンプトを実行する動画をTwitterで共有した。その実行速度は、一般のユーザーがアクセスできる無料版よりもはるかに高速だ。動画の中で、Khawajaさんはサブスクリプション料金が月額42ドル(約5500円)であることも明かしている。

 OpenAIが料金を月額42ドルに設定した根拠はまだ明らかにされていない。OpenAIの最高経営責任者(CEO)であるSam Altman氏は2022年12月、1回の応答の平均コストが「10セント未満」であることを明かしたが、「泣きたくなるほどの」計算コストが発生するので、最終的にはChatGPTを収益化する必要があることを認めた。先頃のMicrosoftとの合意により、OpenAIへの複数年にわたる数十億ドル規模の出資が決まったことも、おそらく収益化に寄与するはずだ。

 ChatGPTは、有料版の一般提供を開始する時期について情報を明かしておらず、「残念ながら、現時点では、ChatGPT Professionalをサブスクリプションで利用することはできない」と話すにとどめている。

 ChatGPTは最新情報を入手したい人に対して、順番待ちリストのフォームに必要事項を記入することを推奨している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]