人型ロボット「Atlas」、物をつかみ投げ渡す--Boston Dynamicsの最新動画

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2023年01月19日 11時38分

 Boston Dynamicsのロボット「Atlas」は、身体能力に関して人間と肩を並べることを目指している。さらに今回、最新のアップグレードで新しいスキルが追加されて、これまで以上に人間らしくなった。

物を投げ渡すAtlas 提供:Video screenshot by Amanda Kooser/CNET
※クリックすると拡大画像が見られます

 Atlasは2021年にパルクールのコースを走破したが、当時のモデルでは、手の代わりに丸っこい物体がついているだけだった。しかし、Boston Dynamicsが米国時間1月18日に公開した動画にフィーチャーされたAtlasを見ると、現行モデルにはものをつかむ爪と、ちょっとした技を披露するサービス精神が新たに加わったようだ。

 動画は建設現場の一場面という設定で、高い足場の上にのぼった作業員が、道具を忘れたことに気付き、Atlasにそう伝える。するとAtlasは軽快な動作で足場と階段の間に板を渡して橋を作り、道具袋をつかみ、ジャンプで上の段にのぼると、バッグを作業員に投げて渡す。さらにその後、体操選手のような着地を披露する。

 この動画は、手の部分に取り付けられたペンチのような形をした爪、そして作業をしやすいように周囲の環境を改め、重い物を正確に投げてタスクを完了できるAtlasの能力のデモンストレーションだ。舞台裏を撮影した動画では、Atlasが物をどのように認識して扱っているのか、その詳細が明かされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]