「Twitter Blue」日本でも始動--月980円でツイート編集や青バッジなど提供

 Twitterの有料サブスクリプションサービス「Twitter Blue」の提供が日本でも1月11日に始まった。ウェブから申し込んだ場合は月額980円、iOSアプリから申し込んだ場合は月額1380円で利用できる。

 Twitter Blueユーザーは、アカウント名に青いチェックマークを追加できるようになる。また、ツイートの内容を投稿後に書き換えたり、最大で長さ60分、ファイルサイズ2GBまでの動画をウェブからアップロードできるようになる。

 また、送信後のツイートを、他のアカウントに公開される前に取り消す「ツイートの取り消し」機能や、長いスレッドを読みやすい表示に変換できる「リーダー」機能、気に入ったツイートを後から簡単に確認できる「ブックマークフォルダ」機能、Twitterアプリの配色を選べる「テーマ」機能などが提供される。

 さらに、返信や@ツイート、検索結果において、Twitter Blueユーザーが優先的に表示されるようになるほか、一般ユーザーと比較して、表示される広告数が半減するという。

 なお、Twitter Blueに登録できるのは、作成から90日以上経過したアカウントに限られる。

 日本でサービスが開始されたことで、Twitter Blueの提供地域は米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、英国を含め計6カ国となった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]