Spotify、今の気分を音楽で1年後へ送るタイムカプセル風プレイリスト--聴けるのは2024年

 Spotifyは、作成してから1年後に初めて再生できるプレイリスト機能「Playlist in a Bottle」を提供開始した。2023年が始まった現在の気分をタイムカプセルに閉じ込めて、2024年1月に開けて聴くことができる。

1年後に初めて再生できるプレイリスト(出典:Spotify)
1年後に初めて再生できるプレイリスト(出典:Spotify)

 Playlist in a Bottleは、Spotifyの最新版スマートフォン用アプリをインストールしたスマートフォンで作れる。ウェブサイトにアクセスし、まず「ボトル」「ジーンズのポケット」「テディベア」などのなかからタイムカプセルとして使う物を選ぶ。

使うタイムカプセルを決める(出典:Spotify)
使うタイムカプセルを決める(出典:Spotify)

 次に、「2023年にライブで絶対聴きたい楽曲」「大好きなあの人を思い出す楽曲」「今年誰かにキスするときに聴いていたい楽曲」のような質問に答える形で、タイムカプセルに収める曲を選んでいく。ほかの質問に変えたり、ランダムに曲を表示したりもできる。

曲を選ぶ(出典:Spotify)
曲を選ぶ(出典:Spotify)

 曲を決めて確認したら、タイムカプセルを封印する。これで、このプレイリストを再生できるのは1年ごとなる。2024年1月になると、通知されるそうだ。

確認してタイムカプセルを封印(出典:Spotify)
確認してタイムカプセルを封印(出典:Spotify)
ハッシュタグ付きでシェア(出典:Spotify)
ハッシュタグ付きでシェア(出典:Spotify)

 Playlist in a Bottleは、日本を含む27の地域で利用可能。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]