バンナム、ライブストリーミングを起点にした「アイマス」新プロジェクト発足

 バンダイナムコエンターテインメントは12月26日、同社が展開している「アイドルマスター」シリーズのカンファレンス「PROJECT IM@S カンファレンス」を開催。そのなかで、ライバー活動を通してアイドルデビューを目指す新規アイドルプロジェクト「PROJECT IM@S vα-liv(ヴイアライヴ)」を発表した。

「PROJECT IM@S vα-liv(ヴイアライヴ)」ティザービジュアル
「PROJECT IM@S vα-liv(ヴイアライヴ)」ティザービジュアル

 同シリーズにおいては、複合現実への挑戦の軸の一つとして、7月に発表した、作中のアイドルたちの活動の可能性を広げ、ゲーム領域に閉じないアイドル活動を目的とする「MRプロジェクト」の展開を強化。「PROJECT IM@S vα-liv」は、MRプロジェクトの新たな取り組みとなるもの。

 ライバー活動を行うアイドル候補生を、視聴者がプロデューサーとして、配信を通じてプロデュースをしながらアイドルデビューに導くという、ライブストリーミングを起点とした、新たなアイドルプロデュース体験を提供するという。キャラクターデザインには、イラストレーターの森倉円氏を起用している。

カンファレンスで説明を行った、バンダイナムコエンターテインメント 第3IP事業ディビジョン 765プロダクション ゼネラルマネージャーの波多野公士氏
カンファレンスで説明を行った、バンダイナムコエンターテインメント 第3IP事業ディビジョン 765プロダクション ゼネラルマネージャーの波多野公士氏

 カンファレンスで説明を行った、バンダイナムコエンターテインメント 第3IP事業ディビジョン 765プロダクション ゼネラルマネージャーの波多野公士氏は質疑応答において、アイドルマスターシリーズにおけるこの取り組みの位置づけとして「現状では候補生をライバーとして、ストリーミングのプラットフォームで活動していくことのみを考えている。この先、新しいブランドのひとつとして展開するか、各ブランドに合流させるかは未定だが、むしろここは、一緒にアイドルを育てていくプロデューサーさんたちと考えていきたい」としている。

 活動開始は2023年春を予定しており、活動開始に先駆けて、展開の詳細発表を行う配信番組も予定しているという。

(C)窪岡俊之 THE IDOLM@STER TM&(C)Bandai Namco Entertainment Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]