ワールドカップカタールの視聴方法、テレビは49.1%でABEMAは17.8%--MMD研究所調べ

  MMD研究所は、18歳~69歳の男女1万人を対象に、「FIFAワールドカップカタールの視聴に関する調査」を実施。その結果を公表した。調査期間は2022年12月5~7日で、全試合終了後の結果ではない。

 同調査において、「FIFAワールドカップカタール」の試合やハイライト映像の視聴方法を聞いたところ(複数回答可)、「テレビ(民放・NHK配信)」が最も多く49.1%、次いで「ABEMA」が17.8%となった。

 視聴方法である「テレビ(民放・NHK配信)」と「ABEMA」をそれぞれ性年代別でみると、「テレビ(民放・NHK配信)」は男性60代(n=945)の割合が最も高く69.4%、次いで男性50代(n=1,083)が60.5%、男性40代(n=1,147)が56.1%となった。

 一方の「ABEMA」は、男性20代(n=819)の割合が最も高く31.6%、次いで男性30代(n=896)が30.4%、男性40代(n=1,147)が28.3%となった。

 男性に関しては、10代・50代の約2割、20代〜40代の約3割が「ABEMA」で視聴した結果となった。

 試合やハイライト映像を「ABEMA」で視聴したと回答した1778人を対象に、視聴した内容、視聴の際に使った機能を聞いたところ(複数回答可)、「試合のリアルタイム視聴」が最も多く59.2%、次いで「ハイライト映像・注目画像の視聴」が38.2%、「見逃し配信の視聴」が30.2%となった。

 また、「ABEMA」で視聴したデバイスを聞いたところ(複数回答可)、「スマートフォン」が最も多く56.8%、「パソコン」が38.5%、「テレビ(アプリやミラーリング機能、デバイスの接続など)」が35.2%だった。

 加えて、「ABEMA」での視聴に関して満足度を聞いたところ、「満足」が55.8%、「やや満足」が33.4%となり、「満足」と「やや満足」を合算した割合は89.2%となった。

 満足度を性年代別でみると、最も満足度(「満足」と「やや満足」を合算した割合)が高かったのは男女いずれも60代で、男性60代(n=144)は91.7%、女性60代(n=67)は94.0%だった。男性は、高齢になるほど満足度が高い結果となっている。

 さらに、「ABEMA」の視聴でよかったことを聞いたところ(複数回答可)、「無料で全試合視聴できる」が最も多く53.5%、次いで「解説者がよかった」が38.9%、「きれいな映像だった」が26.5%となった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]