次期「iPhone SE」、量産は中止か延期の可能性--著名アナリスト

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2022年12月23日 07時47分

 Appleはエントリーレベルのスマートフォン「iPhone SE」の第3世代モデルを3月に発売しており、第4世代は2024年に発売されるとうわさされている。しかし、Appleに詳しい著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、同社は第4世代iPhone SEの量産計画を中止または延期する可能性があるという。

iPhone SE
提供:Getty Images/SOPA Images

 iPhone SEはシンプルさと低価格が魅力で、余計な機能は要らないというユーザーにとって理想的な製品だ。現行デザインは「iPhone 8」に似ていて、4.7インチの「Retina」ディスプレイとホームボタンを特徴としている。

 2024年の発売が見込まれていた第4世代iPhone SEは、ホームボタンを取り払ってモダンなフルスクリーンディスプレイを搭載し、「iPhone XR」に似たデザインになると予想されていた。しかしKuo氏によると、それが量産延期を推測する理由の1つだという。

 フルスクリーンディスプレイを搭載するスマートフォンは、iPhone SEの現行モデルよりも生産コストが高い。したがって、消費者に対する販売価格も高くなるが、低価格が同モデルの魅力であるため、生産の費用対効果はAppleにとって芳しくない可能性がある。

 Kuo氏によると、「iPhone SE 3」「iPhone 13 mini」「iPhone 14 Plus」など、Appleの低~中価格帯のスマートフォンモデルの出荷が予想を下回っていることが、iPhone SE 4の延期または中止につながる可能性があるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]