クックパッドマート×ローソン、食品ロス削減実証実験--販売期限内の商品を値引き販売

 クックパッドは12月12日、同社が展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」において、ローソンが実施する食品ロス削減のための実証実験に協力すると発表した。


 実験期間は、12月13日から2023年1月31日まで。実験店舗は、ナチュラルローソン芝浦海岸通店。

 同施策では、消費期限内でありながら「販売期限切れ」となった商品を店頭撤去後に値引きし、クックパッドマートで販売するものとなる。

 なお、ローソンが販売期限切れ商品を値引き販売する実証実験を行うのは、同施策が初めての取り組みになるという。

 クックパッドマートでは、2020年6月にローソンへのマートステーションの設置を開始。現在、一都三県の112店舗にマートステーションが設置されている。

 ローソンは、食品ロスの削減を非常に重要な課題ととらえ、さまざまな工夫により食品ロス削減に取り組んでいるという。なかでも、販売期限内の商品の値引き販売は、創業当初から各店舗の判断で行っており、現在約9割の店舗で実施している。

 今回、さらなる食品ロスの削減を目指し、クックパッドマートのシステムと店舗設置のマートステーションを活用し、販売期限切れの商品を値引き販売する実証実験を実施することになった。

 同実験では、「もちぷよ(北海道産クリーム入りミルククリーム)」など、販売期限切れデザート10品について、東京都内のローソン店舗(ナチュラルローソン芝浦海岸通店)に設置されたマートステーションを活用して、値引き販売する。


 対象商品の内、販売期限を消費期限当日の午前0時としているデザートを店頭から撤去後、クックパッドマートのアプリに店舗スタッフが商品名・数量・値引き額を登録し、冷蔵保管する。

 クックパッドマートユーザーからの注文が入り次第、注文商品をマートステーションに移し、ユーザーは都合の良いタイミングでマートステーションから商品を受け取れるという。

 注文受付期間は、消費期限当日の0時から11時の間。また、商品受け取り期間は、消費期限当日の12時から23時の間となっている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]