Uber、自動運転タクシーによる配車サービスをラスベガスで開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年12月09日 10時29分

 Uber Technologiesは米国時間12月7日、同社初の自動運転車(AV)による配車サービスを、まずラスベガスで開始すると発表した。当面はドライバーも同乗するが、2023年には無人運転にする計画だ。すべてが計画通りに進めば、この無人配車サービスをロサンゼルスにも拡大する。

Motional車
提供:Motional

 Uberは同サービスで、パートナーのMotionalと協力する。Motionalは、現代自動車(ヒョンデ)グループと自動車部品サプライヤーAptivの合弁事業として2020年3月に設立されたAV企業で、2018年にはLyftとも提携し、ラスベガスで(ドライバー同乗の)AVによる配車サービスを開始している。Uberと同様、Lyftも2023年よりAVによる無人配車サービスを開始する計画だ。

 Motionalは、UberとLyftのどちらの配車サービス網でも、レベル4の自動運転技術を搭載したヒョンデの電気自動車(EV)モデル「IONIQ 5」をベースにしたロボタクシーを採用する。自動運転のレベルは1から5まである。

 Uberの配車サービスでAVを利用したい人は、Uberのアプリで「UberX」または「Uber Comfort Electric」のオプションを選択すれば良い。ロボタクシーが空いていれば、Uberは乗客と車両をマッチングさせる。乗客が受け取った通知を承諾すると、AVの予約が確定する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]