オリンパス、診療水準の向上に向けアクセラレーションプログラムを開始

 オリンパスは12月5日、同社のイノベーションの歴史を継続するための取り組みの一環として、医療機器・診断・デジタルヘルスのスタートアップ企業を支援する非営利団体「MedTech Innovator Asia Pacific」の協力のもと、アクセラレーションプログラム「Olympus Asia Pacific Innovation Program」を開始したと発表した。

キャプション

 同プログラムを通じ、診療水準を向上させるための次世代の革新的ソリューションを支援するという。

 参加基準は、特に消化器科、呼吸器科、泌尿器科領域のがんや疾患に対する低侵襲治療や、病変の検出・診断・治療における新たな方法の確立に重要な役割を果たすソリューションを開発するスタートアップ企業。

 たとえば、低侵襲診断、手術、治療における将来の自律性を実現するロボティクス、センシング、モニタリング、ナビゲーション技術を有する企業。臨床効率化と予測分析のためのAI技術や外科的治療における3D・4D画像処理など、術前から術後までの一連の診療プロセスの変革をなし得る企業などを挙げている。

 また、同プログラムでは、医療機器分野において低侵襲治療や病変の検出・診断・治療に貢献する革新的な技術をもつスタートアップ企業を対象に、2023年5月から9月にかけて、対面式やバーチャルでピッチイベントを2回実施する。最優秀賞受賞者には、同社によるメンターシッププログラムと、賞金7万5000米ドルを授与するという。

 同社は、患者の診療水準向上を目指し、罹患数の多い上位5つのがんの内、4つのがん(肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん)の治療をはじめとする100の疾患に対するさまざまな製品・ソリューションを提供している。

 同社では、新しい技術、特にデジタルソリューションの出現が治療のパラダイムに大きな変化を与えると考えていることから、患者ひとりひとりに適したソリューションを構築。一連の診療プロセスの各過程を最適化することで、患者のアウトカム向上への貢献を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]