5G×遠隔医療--NTTドコモやオリンパスら、消化器内視鏡映像のリアルタイム伝送に成功

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸大学、香川大学、高知赤十字病院、オリンパス、NTTドコモは5月24日、モバイルを活用した遠隔医療支援を目的とする、高精細映像伝送システムを用いた4K映像による消化器内視鏡映像のリアルタイム伝送の実証実験に成功したと発表した。

キャプション

 同実験は、NTTドコモが2020年9月30日に報道発表した「5Gを活用した映像伝送ソリューションの医療機関向けモニタープログラム」に参画した神戸大学、香川大学、高知赤十字病院によって実施。オリンパスが製造・販売している内視鏡システム「EVIS X1(イーヴィス エックスワン)」を、リアルタイム4K映像伝送システム「LiveU(ライヴユー)」に接続して2021年3月30日に行われた。

 具体的には、高知赤十字病院消化器内科内視鏡室で行われた内視鏡検査の4K映像を、4Gを6回線束ねた5Gと同等レベルの携帯電話回線を使い、神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)、香川大学医学部附属病院、高知赤十字病院カンファレンスルームに向けて伝送を試み、遠隔地での模擬トレーニングを実施した。

 なお、内視鏡映像に加え、内視鏡画像に合成した手技を行う医師の手元の映像も遅延なく伝送することにも成功したという。

 NTTドコモでは、今後の医療現場における高精細リアルタイム映像伝送の利活用の可能性を探り、将来的には5Gを活用したさらなる低遅延かつ、高精細な医用映像伝送の実現を目指す。

 また、同実験に参加した3医療機関と2社は今後、オリンパスが提供する消化器内視鏡を中心とした高精細医用映像機器と、NTTドコモが提供している閉域クラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」を活用し、セキュアな環境での医用映像の共有・蓄積による的確な医療提供の実現を目指す。

 さらには、消化器内視鏡診断・治療における遠隔医療への応用に向けた検討を進め、次世代の医療向けソリューションの創出や、新規ビジネスモデルの可能性を探っていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]