東京国立博物館、所蔵する全89点の国宝をメタバース展示--国宝モチーフのNFTアート販売も

 東京国立博物館と文化財活用センター、凸版印刷は、東京国立博物館の所蔵するすべての国宝をメタバース空間で展示する取り組み「エウレカトーハク!◉89」を開催する。開催期間は、2023年1月17日から3月31日。無料で利用可能。

国宝をメタバースで展示する(出典:凸版印刷)
国宝をメタバースで展示する(出典:凸版印刷)

 このバーチャル展示は、東京国立博物館をメタバースで再現した「バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)」で実施する。利用者はアバターとなって入館し、バーチャル化された国宝を見学できる。

 会期の初日から利用可能なコンテンツは、全89点の国宝について学べる「国宝を『知る』」。作品の画像だけでなく、関連するVR映像も楽しめる。

アバターになって国宝を鑑賞(出典:凸版印刷)
アバターになって国宝を鑑賞(出典:凸版印刷)

 2月7日からは、仮想空間で作品世界の体験が可能な「国宝に『親しむ』」を公開する。国宝の「松林図屛風」と「八橋蒔絵螺鈿硯箱」をテーマに制作したVRコンテンツを提供し、アバターが作品に描かれた情景へ入りこんだり、空間内のオブジェクトを動かしたりして、作品の世界観を直感的に体験できるという。

「松林図屛風」(左)や「八橋蒔絵螺鈿硯箱」(右)の世界に入り込む(出典:凸版印刷)
「松林図屛風」(左)や「八橋蒔絵螺鈿硯箱」(右)の世界に入り込む(出典:凸版印刷)

 さらに、3月3日より「国宝と『つながる』」として、国宝をモチーフに現代アーティストたちが制作したNFTアートを販売する。東京国立博物館がNFTアート作品を販売するのは、これが初めてだそうだ。収益の一部は、東京国立博物館が文化財保全などに活用するとしている。

 なお、エウレカトーハク!◉89は、クラスターのメタバースプラットフォーム「cluster」上で運営される。スマートフォンやPC、各種VRデバイスで利用可能だが、clusterアカウントの作成とclusterアプリのインストールが必要。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]