ヤマト運輸、マルイやモディなどの店舗でオークション商品の発送受付を開始

 ヤマト運輸は11月17日、個人間取引市場のニーズへの対応に向け、フリマアプリやネットオークションで取引が成立した商品を、スーパーマーケットや商業施設などの生活動線上にある店舗から発送できるサービスを開始すると発表した。

 同日から、「マルイ」「モディ」などで、「メルカリ」「ヤフオク!」「PayPayフリマ」の商品が発送可能になる。


 Doddle Parcel Services(Doddle)のシステムを活用し、従来から持ち込み発送が可能な直営店やコンビニエンスストア、PUDOステーションのほか、利用者の生活動線上にある身近な店舗から発送を受け付ける。

 まずは、マルイとモディの20店舗、「デリシア」の50店舗から対応。2023年1月以降は「ツルハドラッグ」の店舗でも取り扱いを開始する予定。今後、順次対象店舗を拡大していくという。


 コロナ禍を契機としたEC利用の拡大やシェアリングエコノミー意識の高まりによる購買行動の変容などから、フリマアプリとネットオークションを合わせた個人間取引の市場規模は国内で2兆円を超える成長を続けているという。それに伴い、利用者層も広がり、それぞれのライフスタイルに合わせた店舗から発送したいニーズが高まっているとしている。

 同社は、増加するEC利用者の利便性を向上させるために、2020年11月からDoddleの「Click & Collectシステム」を導入。利用者の生活動線上にある店舗で、同社と提携するECサイトで購入した商品が受け取れるサービスを開始していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]