ドコモ、1つの電話番号で「Apple Watch」などを最大5台同時利用可能に

 NTTドコモは11月16日、1つの電話番号をスマートフォンとアクセサリー端末で共有し、音声通話やデータ通信を利用できる「ワンナンバーサービス」について、最大5台までのアクセサリー端末を同時に利用できる「マルチデバイスオプション」の提供を開始した。


 ワンナンバーサービスは、ドコモ回線で利用している1つの電話番号を、スマートフォンとApple Watchなどのアクセサリー端末で共有できるサービス。サービスの月額使用料(税込)は550円で、初回申込時にワンナンバー登録手数料(1端末につき550円)が別途発生する。

 マルチデバイスオプションの月額使用料は550円で、ワンナンバーサービスと同時利用する際は合算して1100円となる。これまで対応機器を複数持っており、都度登録を切り替えていたユーザーにとっては、切替作業が不要となるほか、端末追加ごとに発生していたワンナンバー登録手数料も不要となる。

 ワンナンバーサービスに対応するアクセサリー端末は、「Apple Watch(GPS+Cellularモデル)」のほか、「ワンナンバーフォン ON 01(販売終了)」と、BMWのパーソナルeSIMに対応するワンナンバーサービス対応車両の「BMW iX/i4/2シリーズ アクティブ ツアラー/3シリーズ セダン/BMW 3シリーズ ツーリング/BMW 7シリーズ/BMW i7」となっている。

 なお、ワンナンバーサービスに対応していても、マルチデバイスオプションに対応していない料金プランもあり、注意が必要だ。

対応プラン
対応プラン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]