JR東日本が「QRコード改札」を正式発表--スマホのQRをかざして乗車、きっぷ不要

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は11月8日、「Suica」を軸とした「きっぷ」のチケットレス化の一環として、QRコードを利用した乗車サービスをを2024年度以降、順次開始すると発表した。

キャプション

 新たな乗車サービスでは、「えきねっと」で乗車券類を予約購入する際に「QR乗車」が選択できるようになる。チケット購入後に「えきねっとアプリ」に表示されたQRコード(「QRチケットを表示」をタップ)を自動改札機にかざすと、新幹線と在来線がチケットレスでシームレスに乗車できる。

キャプション

 サービス提供区間は、JR東日本エリアの新幹線と在来線全線(BRTによる運行区間を除く)。2024年度下期に東北エリアへ導入し、エリアを分けて段階的に拡大する予定。詳細については、決まり次第発表するとしている。

キャプション

 QRコードリーダーを搭載した新型自動改札機、いわゆる「QRコード改札」は、今年12月に開始する自動改札機の老朽取り替えに合わせて、駅の一部の通路に順次導入する。なお、利用者数が少なく、自動改札機自体が設置されていない駅では、利用者自身がアプリ上で利用開始および終了する方法も検討する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]