NVIDIA、「GeForce RTX 4080」12GB版の発売を中止--「製品名が適切ではない」

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月17日 10時52分

 仕様をめぐる「GeForce」コミュニティー抵抗を受け、NVIDIAは、先ごろ発表した12GBモデルの「GeForce RTX 4080」の「発売を中止」し、16GBモデルを米国時間11月16日に出荷予定である唯一のGeForce RTX 4080とすることに決めた。

GeForce RTX 4080
提供:Nvidia

 「製品名が適切ではない」とNVIDIAが述べていることから、12GBモデルを「RTX 4070」として再び売り出す決定を下した可能性がうかがえる。

 12GBモデルのRTX 4080は、16GBモデルのRTX 4080や「RTX 4090」とともに発表されたものの、メモリーの容量が少ないだけでなく、グラフィックプロセッサーの速度が遅い、データパスが狭い、CUDAコアが少ないなど、16GBモデルと比べてさまざまな点で劣っていた。仕様を分析した人々は、12GBモデルと16GBモデルの性能の差が大きすぎて同じRTX 4080だとは考えられず、本質的にはRTX 4080と言うよりも、これまでRTX 4070と位置づけられていた仕様に近い、と主張していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]