「Exchange Online」にパスワードスプレー攻撃--MSは基本認証の無効化を推奨

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月06日 13時17分

 Microsoftの「Exchange」チームが「Exchange Online」ユーザーに対し、多くの顧客が基本認証(Basic認証)を使ったパスワードスプレー攻撃の標的になっていると警告している。

PCを見る人
提供:Getty

 Microsoftは、10月1日からExchange Onlineの全世界のテナントで基本認証の廃止を開始している。基本認証の廃止に伴い、2段階認証に対応していないアプリではパスワードが使えなくなる。

 多要素認証(MFA)を使えばパスワードスプレー攻撃とパスワード類推攻撃の大部分を防げるのだが、基本認証はMFAに対応していない。

 MicrosoftのExchangeチームのGreg Taylor氏は、「Exchange Onlineで基本認証を廃止するのは、皆さんのユーザーとデータを保護するためだ。毎日私が目にしているエビデンスは、パスワードスプレー攻撃の頻度が高まっていることを明確に示している」と述べている

 パスワードスプレー攻撃では、攻撃者がよく使われる弱いパスワードのリストを使い、さまざまなユーザーアカウントに対しクラッキングを試みる。

 Microsoftは、2022年末までに基本認証を段階的に廃止していく。廃止するテナントはランダムに選択し、廃止の7日前に警告を送信する。

 Taylor氏は、顧客は直ちにExchange Onlineの認証ポリシーを設定するべきであり、「特定のプロトコルで基本認証を使っているはずだと分かっているアカウントだけが、そのプロトコルで基本認証を使えるようにしておく」べきだと述べている。

 Taylor氏は続けて、まずは直ちにSMTPとIMAPに取りかかるべきだとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]