オンライン診療とピル処方--「ルナトモ」が正式提供

 サイバーエージェントグループのLunatomoは10月3日、ベータ版として提供していたピルのオンライン診療プラットフォーム「ルナトモ」で、提携クリニックで利用できる検査サポート「あんしん検査サポート」を拡充し、正式提供を開始したと発表した。

キャプション

 同社は、女性特有の健康課題の解決に向けて社会全体で取り組む必要性が高まっていることを受け、2022年1月に設立した新会社。サイバーエージェントが女性社員の活躍支援で培った知見と、幅広いインターネットサービスの運営で培った技術力をもとに、女性特有の疾患や悩みなどの健康課題の解決を目指した事業を展開。同7月5日よりLUNATOMOベータ版の提供を開始していた。

キャプション

 同プラットフォームは、提携するクリニックの産婦人科・婦人科医師のみがオンライン診療および、ピルの処方を行うのが特徴。また、オンライン診療における初診および、再診の費用を無料としているほか、診療にはビデオ通話を活用。利用者の表情や顔色などを確認しながら医師が問診を行うことで、ひとりひとりの症状やライフスタイルに合ったピルを提案している。

 検査サポートの「あんしん検査サポート」は、定期便の「3カ月おまとめプラン」または、「毎月お届けプラン」のいずれかを1年以上継続して利用かつ、次年度の利用手続きを行った人を対象とするサービス。

キャプション

 同サービスにより、クリニックでの自費診療による検査で生じた費用のうち、年間5960円を上限として、次の12カ月の定期便で処方するピルの代金が割引される。

 提携クリニックでの利用を想定しており、現在はグレイス杉山クリニックSHIBUYAのみだが、全国主要都市を中心に受け入れクリニックの拡大を予定しており、2022年中に10院との提携を目指しているという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]