Kickstarter

キー配置が自由自在な左右分割式キーボード「Corant C10」--各キーは磁力で固定

 プログラマーやライターなどは、日々大量の文字をPCで入力する必要があり、理想のキーボードを探し続けている。市販されているキーボードから自分に合ったものを選ぶものの、形状、キーの配列や配置、打感、さらに機能など、常に何かを妥協せざるを得ない。

 キーの配列と配置については、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の「Corant C10」を導入すれば、多くの問題が解決できそうだ。

キーの配列と配置に関する問題をほぼ解決できるキーボード(出典:Kickstarter)
キーの配列と配置に関する問題をほぼ解決できるキーボード(出典:Kickstarter)

 Corant C10は、すべてのキーを好きなところに置ける左右分割式のキーボード。各キーが完全に独立していて、任意の位置に、自由な向きで取りつけられる。置いたキーは磁力で固定されるので、不用意に動くことはないだろう。

好きなようにキーを配置できる(出典:Kickstarter)
好きなようにキーを配置できる(出典:Kickstarter)

 キーの取り外しや移動は、使用中でも可能。使っているあいだに、ホットスワップで変更できる。各キーに割り当てる動作は、管理用アプリで設定する。さまざまな色で光るLEDバックライトも備えている。

バックライトの色は変更可能(出典:Kickstarter)
バックライトの色は変更可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月26日まで。記事執筆時点(日本時間9月30日8時45分)でキャンペーン期間は26日残っているが、すでに目標金額8万香港ドル(約147万円)を上回る約9万8000香港ドル(約180万円)の資金を集めている。

Corant C10の紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]