アマゾンの「Astro」、企業向けの警備ロボットとして提供へ

Sabrina Ortiz (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2022年09月29日 10時27分

 「ウォーリー」に似たAmazonの家庭用ロボット「Astro」は1年前に発表され、それ以来招待制のみで販売されている。Astroは、家庭用の便利なお手伝いロボットとして、ホームセキュリティをモニタリングしつつ、家の中をついて回って、どこにいても「Alexa」を利用可能にしたり、ものを直接持ってきてくれたりする。そのAstroが今回、家庭を離れて、企業の警備員としても提供されることになった。

Astro
提供:Amazon

 Amazonは米国時間9月28日に開催した招待制の報道陣向けイベントで、「Ring Virtual Security Guard with Amazon Astro」というAstroの新しい役割を発表した。これによってAstroは、企業のセキュリティボットとしての役割も果たすことになる。

 この統合機能には、Astroの「Intelligent Motion」、自律パトロール、スマートアラートなどの既存の高度な技術と、「Ring Alarm」などRingのさまざまな技術が活用されており、Ring Alarmが発動するとAstroは現場を調査することができる。

Astro
提供:Amazon

 Ringによると、この製品は、人間の警備員を雇うよりも低いコストで現場の夜間パトロールを行うことにより、夜間の戸締りを行う際の安心感を企業経営者に与えることを目的としたものだという。

 AmazonもRingも、Astroを利用した「Ring Protect Pro」の具体的なサブスクリプション料金を公表していないが、Ringのウェブサイトには、Ring Protect Proのサブスクリプション料金として、1カ所につき月額20ドル(約2900円)、または年間200ドル(約2万9000円)からと記載されている。

Astro
提供:Amazon

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]