3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン1.0公開--日本発フォーマット

 一般社団法人VRMコンソーシアムは9月23日、同法人が提唱する3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン 1.0を正式リリースした。


 「VRM」は、メタバース時代の相互運用性を想定した、プラットフォーム非依存の日本発3Dアバター向けファイル形式。

 バージョン1.0は、現在広く使われているバージョン「VRM 0.x」の課題やエラーを修正し、必要と思われる機能を追加したバージョン。具体的には、HDR対応、表情の標準定義の追加・整理、パブリックライセンスの策定、Constraint機能の追加などの変更がなされている。

 現時点での対応プラットフォームは、Unity用ライブラリ「UniVRM」、「バーチャルキャスト」、3Dデータ共有サービス「THE SEED ONLINE」(一部制約あり)、3Dキャラクター投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」など。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]