三井不動産、環境配慮型グリーンエネルギー倉庫「MFLP 海老名I」竣工--最高ランク「ZEB」認証取得

 三井不動産は9月20日、「ZEB」認証を取得するなどCO2排出量を実質ゼロ化した環境配慮型グリーンエネルギー倉庫「三井不動産ロジスティクスパーク 海老名I」(MFLP 海老名I)を竣工した。

 MFLP 海老名Iは、圏央道「海老名」ICと隣接し、JR相模線、小田急電鉄小田原線「厚木駅」からも徒歩11分という立地で、首都圏と近畿圏、中京圏とを結ぶ、新たな広域物流拠点としての役割を担う。

MFLP海老名Ⅰ 外観
MFLP海老名Ⅰ 外観

 ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費するエネルギーをゼロにすることを目指した建物のこと。省エネと創エネによって、CO2排出量の実質ゼロに取り組む。

最高ランク「ZEB」認証取得
最高ランク「ZEB」認証取得

 MFLP 海老名Iでは、建物全体の基準排出量と比較して 122.6%のCO2削減を実現。事務所部分については、地中熱ヒートポンプやデシカント空調といった省エネアイテムを採用することで、CO2排出量を50%以上削減しているという。

 また、隣接する海老名運動公園との緩衝帯にグリーンインフラを整備し、敷地全体の20%を緑地化。雨水貯留池の機能を持つ水辺空間も整備し、景観に配慮した。

 本施設の建物デザインは、オーストラリアのデザイン事務所JACKSON TEECEが手掛け、有機的なデザインの外観ファサードや、日差しによって表情が変わる木調ルーバーが特徴となっている。

 建物東側の事務所棟バルコニーやスカイデッキに緑化を施し、最上階には相模川越しに丹沢連峰や富士山を一望できるラウンジを配置。スカイデッキでは、スノーピークビジネスソリューションズ監修により設置されたアウトドアアイテムを、入居企業が自由に使うことができる。

事務所等設備イメージ図
事務所等設備イメージ図

 ラウンジデザインはLIAISONが手掛け、ナチュラルな木の肌色生かし、オフホワイトからベージュを基本色とした、明るく外の風を感じるような空間をデザイン。ランドスケープデザインは塙ランドスケープデザインが担当し、木々が迎えるエントランスに加え、桜並木をはじめとする約1500本の高中木、および1万5000本の低木類を植樹した。

  設計、施工は日鉄エンジニアリングが担当。免震構造として、施設に保管される商品の増減による加重変化に対する「NS-SSB」(球面すべり支承)を250台採用し、施設の震災リスク、および保管される商品の安全性を考慮した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]