「iOS 16」で注目の「画像の抜き出し」--使ってみたい新機能

坂本純子 (編集部)2022年09月14日 07時00分

 Appleは9月13日、「iOS 16」の正式版をリリースした。各端末の「設定」-「一般」-「ソフトウェア・アップデート」からダウンロードできる。

 iOS 16は、ロック画面に過去最大のアップデートが行われている。ロック画面にウィジェットを追加できるほか、日付と時間の表示もフォントや色を選択して変更できるなど細かいカスタマイズが可能になる。複数のロック画面を作っておけば、気分によってスワイプするだけで切り替えられる。

ロック画面を長押しすると、新たなロック画面を作成したり作成したほかの画面に切り替えたりできる
ロック画面を長押しすると、新たなロック画面を作成したり作成したほかの画面に切り替えたりできる

 また、ロック画面の「通知」は、パーソナライズされた画面を見られるように、画面下部から表示される。

 iOS 16の対応デバイスは、iPhone 14シリーズ、iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズ、iPhone 11シリーズ、iPhone XSシリーズ、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8シリーズ、iPhone SE(第2世代以降)。

 中でも楽しいのは、「画像の抜き出し」機能だ。iOS 16に対応するデバイスのうち、A12 Bionic以降を搭載した、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降の機種で利用できる。

 たとえば「写真」アプリの中にある画像を長押しすると、画像から対象物を切り抜いて、背景を削除して対象物だけにできる。抜き出した画像は、メールやメッセージなどのAppにコピー/ペーストが可能で、「共有」から「画像を保存」することもできる。

たとえば「写真」アプリの中にある画像を長押しすると、切り抜ける部分が白く縁取りされる
たとえば「写真」アプリの中にある画像を長押しすると、切り抜ける部分が白く縁取りされる
抜き出した画像は、メールやメッセージなどのAppにコピー/ペーストが可能で、「共有」から「画像を保存」できる
抜き出した画像は、メールやメッセージなどのAppにコピー/ペーストが可能で、「共有」から「画像を保存」できる

 試してみたところ、細かい設定はできないため、いろいろな色がある複雑な背景だと難しいが、単純な背景であればうまく抜き出せると感じた。

 写真アプリほか、スクリーンショット、クイックルック、Safariなどで使える。

複数の対象物があっても抜き出せる
複数の対象物があっても抜き出せる
ただし、片方だけといった指定はできない
ただし、片方だけといった指定はできない
左はうまく抜き出せたが、右側の皿がくっついてしまった
左はうまく抜き出せたが、右側の皿がくっついてしまった
少しややこしい形の画像を試した
少しややこしい形の画像を試した
意外と複雑な形も抜き出せる印象だ
意外と複雑な形も抜き出せる印象だ

 このほか、集中モードの設定、メールの予約送信や取り消し機能、メッセージの編集または取り消し、最近削除したメッセージの復元、会話を未読にできる機能に加え、写真や子どものアカウント管理などのファミリー共有、ヘルスケアアプリの「服薬」管理やフィットネスアプリの強化などが行われている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]