メタバース上のイベント運営サービス「V-expo」、「Ready Player Me」の3Dアバターに対応

 ウェブブラウザー上で利用可能なメタバースイベントの運営サービス「V-expo」を提供するm-Labは、3Dアバターを1枚の自撮り写真から作れるサービス「Ready Player Me」と提携した。

V-expoで開催するメタバース上のイベント(出典:m-Lab)
V-expoで開催するメタバース上のイベント(出典:m-Lab)

 V-expoは、メタバース版のオンラインイベントを開催できるサービス。このメタバースは、PCやスマートフォンのウェブブラウザーからアクセス可能で、VRヘッドセットや専用アプリを使う必要がない。V-expoの音声システムは距離感や方向性を再現するので、コミュニケーションしやすいという。500名規模の大きなイベントも開催でき、展示会やトークイベント、懇親会などでの利用が考えられる。

ウェブブラウザーでアクセス可能(出典:m-Lab)
ウェブブラウザーでアクセス可能(出典:m-Lab)
小規模から大規模の、さまざまなイベントに対応(出典:m-Lab)
小規模から大規模の、さまざまなイベントに対応(出典:m-Lab)

 Ready Player Meは、3Dアバター製作ツールなどを開発しているWolf3Dのサービス。ユーザーの写真が1枚あれば、さまざまなメタバースや各種VRゲームで使用可能な3Dアバターが作れる。

自撮り写真から3Dアバターを作れるReady Player Me(出典:Wolf3D)
自撮り写真から3Dアバターを作れるReady Player Me(出典:Wolf3D)

 今回の提携により、Ready Player Meで作成したアバターがV-expoのメタバース内で使えるようになる。同じアバターはほかのメタバースでも利用できるため、ユーザーの利便性が高まるだろう。

 連携サービスの提供開始時期は、10月下旬と見込む。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]