「PS5」アップデート版、違いは軽量化--豪で発売との報道

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年09月01日 14時18分

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は「PlayStation 5(PS5)」のアップデート版(CFI-1200)を既にリリースしたと報じられている。現在判明している最も顕著な違いはその軽さだ。

PlayStation 5
PS5がさらに軽量化された
提供:Andrew Hoyle/CNET

 ゲームメディアPressStartによる米国時間8月29日の報道によると、ディスクドライブを搭載した通常版と「デジタル・エディション」は、オーストラリアですでに販売されているという。アップデート版のマニュアルによると、従来モデルに比べて通常版は300g、デジタル・エディションは200g軽くなっているとされる。内部の変更点が他にもあるかもしれないが、新型の現物を分解するまでは分からない。

 SIEは2021年8月にも、アップデートしたPS5をまずオーストラリアでリリースしている。2020年の発売以来、通常版は600g、デジタル・エディションは500g軽量化している。2021年にはアップデートでヒートシンクを小型化したことによって、発熱しやすくなるという懸念があったが、テストによって解消された。

 SIEは先週、世界各地でPS5を値上げすると発表し、「現在の世界的な経済環境において(中略)どうしても避けることのできない決断」としていた。先週には新型コントローラー「DualSense Edgeも発表した。価格や発売時期は明らかにしていない。

 リリース以来、入手困難な状況が続いているPS5が、更新によって入手しやすくなるのかは不明だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]