ホンダとLGES、EV用バッテリー生産合弁会社--米国に2022年中設立めど

 本田技術研工業とLGエナジーソリューション(LGES)は8月29日、北米で生産販売する「Honda」および「Acura」ブランドのEV(電気自動車)用リチウムイオンバッテリーについて、米国で生産するための合弁会社設立に合意したと発表した。

 関連当局の承認やその他の手続きを経て、2022年中に設立する。今回の合意に基づき、両社は総額約44億ドル(約6100億円)を投資し、米国に生産工場を建設するという。

キャプション

 生産工場は今後、建設地を確定し、2023年初頭に着工。2025年中の量産開始を予定している。

 なお、同工場で生産されるリチウムイオンバッテリーは、全量を本田技術研工業の北米工場へ供給予定。生産能力は最大約40GWhを目指すという。

 両社は、急速に成長する北米の電動化市場において、タイムリーで安定的にバッテリーを現地調達することが重要との共通認識に基づき、今回の合意に至ったと説明している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]