緊急通報も利用しづらく--KDDI、24日夜の通信障害は8.3万人に影響

 KDDIは8月24日夜に発生した通信障害の概要を発表した。障害は東日本エリアにおいて最大8万3000人に影響し、緊急電話も利用できない、あるいは利用しづらい状況が続いた。

 発表によると、障害は同日の21時13分ごろに東日本の一部エリアで発生し、「au」「UQ mobile」「povo」と各MVNOの音声サービス、および「ホームプラス電話」が利用しづらい状況が続いた。データ通信に影響はなかった。障害は約45分後の21時58分に回復した。

 影響エリアは東日本(北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、山梨県)だった。

 原因は音声用PGW(Packet data network GateWay)の故障で、同設備を切り離したところ障害は回復したという。

 同社は7月2日未明にも2日半にわたる大規模な通信障害を起こし、最大3915万人に影響が出ていた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]