「GeForce NOW」、ChromeとEdgeで1440p/120fpsのプレイが可能に

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月19日 10時50分

 NVIDIAは米国時間8月18日、クラウドゲームサービス「GeForce NOW」を利用して「Chrome」と「Edge」でプレイする場合の解像度とフレームレートを、それぞれ最大1440pと120fpsにまで広げると発表した。

各ゲームタイトル
提供:Nvidia

 フレームレートと解像度を上げてゲームを楽しむには、サブスクリプションプラン「Geforce NOW RTX 3080」(1カ月当たり16.67ドル[約2270円]から)に登録した上で、ネットワークが帯域幅とレイテンシーの要件を常に満たせる必要がある。IT担当者が管理する混雑した大学などのネットワークでは、特にレイテンシーの要件を満たせるかどうか不確かな場合がある。

 人気の低価格モデルに搭載されているローエンドの「Chromebook」のコンポーネントを利用している場合も、最高水準のパフォーマンスに対応できないかもしれず、1080pの解像度でプレイすることになりそうだ(それでも、解像度を下げてフレームレートを上げるよう設定することは可能だ)。さらに、「Windows」と「macOS」では以前からアプリでGeForce NOWを利用できるようになっているが、「iOS」と「iPadOS」でGeForce NOWを楽しむには「Safari」を利用しなければならないため、「iPhone」や「iPad」では高い解像度とフレームレートでプレイできない。

 NVIDIAはGeForce NOWに以下の6タイトルを追加したことも明らかにした。

  • Thymesia(Steam)
  • Century: Age of Ashes(Steam)
  • Clanfolk(Steam)
  • Coromon(Steam)
  • HYPERCHARGE: Unboxed(Steam)
  • Phoenix Point(Epic Games Store)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]