世界ノートPC市場、第2四半期は5550万台で15%減--第3四半期は新学期商戦で改善か

 Strategy Analyticsは、世界ノートPC市場に関する調査結果を発表した。2022年第2四半期の出荷台数は5550万台で、2021年同期に比べ15%も少なくなった。

 減少の要因として、Strategy Analyticsは消費者および企業の需要冷え込みを挙げた。消費者は、PCよりも休暇や衣服、模様替えに対する支出を優先させたり、インフレと不景気に備えて節約したりしているそうだ。

 一方、厳しい状況であるものの、消費者は以前より上位機種を選ぶ傾向が続き、メーカーの売上高や平均販売価格は改善すると見込む。特に、第3四半期は米国などで新学期商戦の割引が盛んなことから、売上げが期待できるという。

 企業もハイブリッドワークで必要な環境を整えようとするため、特に中小企業向け販売は堅調と予測した。ただし、大企業はオフィス勤務を復活させており、デスクトップPCに対する需要が高い。

 2022年第2四半期における、ベンダー別出荷台数などは以下のとおり。

1位:Lenovo

  • 出荷台数:1280万台
  • 市場シェア:23%
  • 2021年同期比:-17%

2位:HP

  • 出荷台数:1050万台
  • 市場シェア:19%
  • 2021年同期比:-29%

3位:Dell

  • 出荷台数:1030万台
  • 市場シェア:19%
  • 2021年同期比:-1%

4位:Apple

  • 出荷台数:480万台
  • 市場シェア:9%
  • 2021年同期比:-13%

5位:Acer

  • 出荷台数:430万台
  • 市場シェア:8%
  • 2021年同期比:-16%

その他:

  • 出荷台数:1280万台
  • 市場シェア:23%
  • 2021年同期比:-9%

合計:

  • 出荷台数:5550万台
  • 2021年同期比:-15%
ベンダー別の状況(出典:Strategy Analytics)
ベンダー別の状況(出典:Strategy Analytics)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]