サムスン「Galaxy Z Fold4」「Z Flip4」、価格引き上げを示唆するリーク情報

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月08日 11時55分

 Twitterに投稿された情報を信じるなら、間もなく発表されるサムスンのスマートフォン「Galaxy Z Fold4」と「Galaxy Z Flip4」は、旧機種より価格が引き上げられる可能性がある。

Samsung Galaxy Z Flip4
Galaxy Z Flip4とされる画像
提供:Evan Blass

 サムスンの次期折りたたみ式スマートフォンは、8月10日に行われる発表イベント「Galaxy Unpacked」で公開される予定だ。Steve Hemmerstoffer氏(Twitterアカウント「@OnLeaks」)の3日の投稿によると、「Galaxy Z Fold4」「Galaxy Z Flip4」は、価格が引き上げられる可能性があるという。

 投稿された価格はユーロ表示で、すべてのデバイスで上昇している。基本モデルの「Galaxy Z Fold3」は2021年に1695ユーロ(約23万3000円)で発売された。Hemmerstoffer氏がリークした数字によると、2022年には、256GBモデルが6%値上がりして1799ユーロ(約24万8000円)、512GBモデルが1919ユーロ(約26万4000円)になるという。

 「Galaxy Z Flip3」は、2021年に999ユーロ(約13万8000円)で発売された。Hemmerstoffer氏の数字が正しければ、Galaxy Z Flip4の128GBモデルは、前モデルより11%高い1109ユーロ(約15万3000円)、256GBモデルは1169ユーロ(約16万1000円)になる。

 うわさされている「Galaxy Watch5」も、44mmの基本モデルで「Watch4」の299ユーロ(約4万1200円)から329ユーロ(約4万5300円)へと10%上昇するとされている。Hemmerstoffer氏によると、4Gモデルは379ユーロ(約5万2200円)になるという。一方、近々発表されるとうわさされている「Galaxy Watch5 Pro」(45mm)は最低価格が469ユーロ(約6万4600円)、4Gモデルの最低価格が499ユーロ(約6万8700円)とされている。

 世界は現在、コストプッシュインフレに対処しており、折りたたみ式スマートフォンの価格上昇は、世界的なサプライチェーンをめぐる複数の問題と関連している可能性がある。新型コロナウイルスのパンデミックによって生じた製造の問題により、部品の調達は困難になっている。需要の増加と供給の不足で、部品コストは増加した。例えば、2022年第1四半期に世界のPC出荷台数が3%減少したが、PC売上高は15%増加しており、販売台数が減少してもメーカーの売上は増加していることを示している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]