PayPay証券、「PayPay」アプリで有価証券の売買ができる「PayPay資産運用」を開始

 PayPay証券とPayPayは8月2日、同日から順次、キャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリで有価証券の買付や売却が行える「PayPay資産運用」の提供を開始すると発表した。

 
 

 証券口座を開設し、「PayPay残高(PayPayマネー)」で有価証券の買付、売却ができる。キャッシュレス決済サービス上で有価証券の売買ができる、国内で初めてのサービスになるという。

 最低購入金額は100円から、1円単位で取引が可能。売却すると、PayPay残高(PayPayマネー)へ即時チャージされ、買い物などに利用できる。

 
 

 ただし、PayPayのチャージ上限額を超える場合あるいは、PayPayマネーの残高が100万円を超える場合は、チャージできないとしている。

 すでにPayPay証券の口座を所有している場合は、PayPay資産運用上でログインすることで、申請手続きなどせずに利用できる。なお、PayPay資産運用を利用する際は、PayPayに登録されている本人確認情報、支払い方法、入金方法などの情報をPayPay証券へ提供することに同意する必要がある。

 
6つのコースを用意する
 
 

 両社は、PayPayのミニアプリとして、PayPayポイントで疑似運用体験ができる「ポイント運用」を提供している。資産運用未経験者が始めやすいサービス設計になっており、提供開始から1年11カ月の2022年4月、600万運用者を突破したという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]