アマゾンのCO2排出量、2021年に18%増加--コロナ禍の事業急拡大で

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月02日 10時30分

 Amazonが米国時間8月1日に公開したサステナビリティー関連の年次報告書によると、同社の二酸化炭素(CO2)排出量は2021年に18%増加したという。Amazonは新型コロナウイルスが世界的に流行する中、顧客ニーズに対応するため「前例のない速さ」で事業を拡大しなければならなかったことを要因として挙げ、2021年のCO2排出量は7154トンだったとした。

Amazonのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Amazonは、炭素集約度(ここでは商品売上高1ドルあたりのCO2生成量)は1.9%減少したとして、この減少がゆくゆくはCO2排出量の減少につながる可能性があるとしている。

 「ネットゼロカーボンへの道のりには多くの障害が伴うが、われわれは大きな挑戦を糧に成長する」と、同社は報告書の中で述べた。

 2025年までに、事業に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄う計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]