世界スマホ市場、第2四半期は2億8600万台で8.7%減--出荷台数の減少は4四半期連続

 IDCは、世界スマートフォン市場に関する調査結果の速報値を発表した。2022年第2四半期の出荷台数は2億8600万台で、前年同期の3億1340万台に比べ8.7%減。4四半期連続で出荷台数が減っているという。

 供給不足の状態で幕を開けた2022年だったが、その後は需要が低迷する状態になってしまった。供給は回復し、生産量も増えたものの、インフレや不透明な経済見通しが消費者の支出を抑え込んでいる。

 地域別では、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で中欧・東欧が前年同期比36.5%減と大きく落ち込んだ。ただし、同地域の出荷台数は全世界の6%程度なので、数量の変化は大きくない。

 台数の減少がもっとも激しかったのは中国で、前年同期比14.3%減。そのほかの地域も、カナダ以外は軒並み出荷台数を減らしてしまった。

 2022年第2四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

1位:サムスン

  • 出荷台数:6240万台(5910万台、+5.6%)
  • 市場シェア:21.8%(18.9%)

2位:Apple

  • 出荷台数:4460万台(4440万台、+0.5%)
  • 市場シェア:15.6%(14.2%)

3位:シャオミ

  • 出荷台数:3950万台(5310万台、-25.5%)
  • 市場シェア:13.8%(16.9%)

4位:vivo

  • 出荷台数:2480万台(3170万台、-21.8%)
  • 市場シェア:8.7%(10.1%)

4位:OPPO

  • 出荷台数:2470万台(3280万台、-24.6%)
  • 市場シェア:8.6%(10.5%)

その他

  • 出荷台数:8990万台(9230万台、-2.6%)
  • 市場シェア:31.5%(29.5%)

合計

  • 出荷台数:2億8600万台(3億1340万台、-8.7%)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベースの市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
出荷台数ベース市場シェアの推移(出典:IDC)
出荷台数ベース市場シェアの推移(出典:IDC)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]